イギリス美人英語教師から発音を間違いやすい10単語を学べる動画(CEFR A2, TOEIC 225 - 545 レベル)

前回に続きイギリス英語の教師 Lucy さんが運営する外国語学習者向けのサイト English with Lucy から間違いやすい10単語の発音講座の動画を紹介します。

使われている単語の89%はCEFR A1レベルで、A2レベルで95%が網羅されています。話すスピードは153WPMでTOEICのリスニングパートとほぼ同等です。

先日、スピードラーニングが終了していたことを知ったのですが、スピードラーニングの評価は色々のようです。

聞き流すだけではなく、ほぼ知っている単語で作られたやさしい内容の英語をできるだけナチュラルなスピードで聞くのは効果があると僕は思ってます。

知っているはずの単語ばかりですから頑張れば理解できるはずですし、なにより美人の話すことは、何を言っているのか理解したいと思うからです。

楽に英語を学習するにも2通りあって、とにかく労力をかけない聞き流しのような楽と、楽しくて労力をかけても苦にならない楽があると思ってます。

Lucy さんが楽しく発音の間違いを指摘してくれますし、顔がアップで撮影されているので発生時の顔全体の動きが確認できます。

目の前でネイティブから発音を教わるのが理想ですが、発声時の顔や口回りをよく見て発音練習するのは効果があるのではないでしょうか。

話がそれましたが、YouTube動画で使われている英単語を、オックスフォード大学出版局によるワードリスト、オックスフォード3000と5000を使ってどのレベルの単語がどれくらい使われているのか調べた結果を紹介します。

1日1動画で、未知の単語数20個前後、センテンス数も20個前後が僕としては理想ですが、何よりも興味をもてる動画かどうかを重視して動画をチョイスしています。

簡単にオックスフォード3000と5000 についてですが、CEFRに従ってコーパスを元に研究・開発された英単語リストで、オックスフォード3000の3,000単語はCEFR A1からB2レベル、これにさらに2,000語追加したオックスフォード5000はCEFR B2-C1レベルとされています。

結果ですが、この動画の中で使われている単語はオックスフォード5000の5,000語の内、CEFR A2レベルで95%網羅されていることが分かりました。尚、速さは153WPMでTOEICのリスニングパートと同等でした。

YouTubeチャンネルEnglish with Lucy
タイトル10 English words that you pronounce INCORRECTLY | British English Pronunciation
URLhttps://www.youtube.com/watch?v=_Nh0osOwuSk
CEFERA2
カバーする単語95%
TOEIC (R&L) の目安225 - 545
使用されている単語数598words
Oxford 5000 の以外の単語
(Unclassified)
19 words
総センテンス数16 センテンス
平均語数(1センテンス当たり)40.2 words
WPM153 WPM
再生時間4分47秒
CEFR levelNumber of words% of total累積%
A1535 単語89%89%
A231 単語5%95%
B18 単語1%96%
B22 単語0%96%
C13 単語1%97%
Unclassified19 単語3%100%
合計598 単語  

以下にオックスフォード5000の分類に従って、動画内で使われている単語を載せておきます。(地名などの固有名詞や数字、%などの記号は除外してあります)

Unclassified
adjective
aswell
chaotic
choco
confidently
cos
crepes
crips
crisps
incorrectly
irregular
noun
pronouce
pronunciation
pronunciations
syllable
syllables
verb
wanna
OPAL written words
absolute
can
case
connect
correctly
different
difficult
form
important
language
learning
many
media
might
most
need
normally
number
part
practice
reality
should
similarly
social
used
C1 Oxford 5000
chaos
B2 Oxford 5000 excluding Oxford 3000
hopefully
B2 Oxford 3000
absolute
B1 Oxford 3000
queue
queueing
reality
similarly
A2 Oxford 3000
actually
almost
brush
case
comfortable
connect
correctly
crazy
foreign
forward
media
might
mirror
normally
pronounce
pronouncing
recipe
social
wow
A1 Oxford 3000
a
about
add
again
all
always
an
and
And
Another
anything
are
at
back
be
because
before
big
breakfast
But
but
cafe
can
chocolate
choose
class
cooking
day
days
different
difficult
do
don't
end
every
everyone
favourite
first
five
food
for
form
four
fruit
get
goes
got
hard
have
having
head
hear
heard
Hello
helped
here
hope
How
how
I
I'd
I'm
I've
If
if
important
in
is
it
It
it's
just
know
knows
language
last
laugh
learning
lesson
let's
life
like
look
lose
lot
love
make
makes
many
me
mistake
more
morning
most
my
need
next
night
no
not
Now
now
number
of
Ok
ok
on
one
or
own
part
people
practice
Probably
quite
really
remember
repeat
same
say
saying
school
seeing
seen
seven
should
So
so
some
soon
sound
speak
spell
spelling
started
students
sure
talking
teeth
than
that
that's
the
The
their
then
There
there
there's
these
they
thinking
this
This
three
to
today
Tuesday
two
understand
used
vegetable
very
video
want
was
We
we
Wednesday
week
welcome
well
what
when
When
Where
which
will
with
word
words
work
workers
would
you
You
you're
your

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA