アメリカの子供と101歳のおばあちゃんの動画(CEFR A2, TOEIC 225 - 545 レベル)


アメリカの子供と多彩な人々との出会いを紹介するサイト HiHo Kids から101歳のおばあちゃんとのやり取りの動画を紹介します。

動画のおばあちゃんは第一次大戦後の1920年頃の生まれで、禁酒法とアル・カポネとかの時代ですね。馬車が走ってたと動画の中で言ってます。

使われている語彙の95%はオックスフォード3000の3,000語で網羅されています。話すスピードは極端に遅いということはなく、142WPMでTOEICのリスニングパートのゆっくり部分より若干遅いくらいと思われます。

僕は祖母と一緒に暮らしていて中学生のときに亡くしています。

とてもかわいがってくれたのでなついていたのですが、祖母はいつも笑っているけれどもほとんど話をしない人だったので、どのような人生だったのかといったことは聞いたことが無かったです。

もっと色々な話を聞いておけば良かったと動画を見てあらためて思います。

YouTube動画で使われている英単語を、オックスフォード大学出版局によるワードリスト、オックスフォード3000と5000を使ってどのレベルの単語がどれくらい使われているのか調べた結果を紹介します。

1日1動画で、未知の単語数20個前後、センテンス数も20個前後が僕としては理想ですが、何よりも興味をもてる動画かどうかを重視して動画をチョイスしています。

簡単にオックスフォード3000と5000 についてですが、CEFRに従ってコーパスを元に研究・開発された英単語リストで、オックスフォード3000の3,000単語はCEFR A1からB2レベル、これにさらに2,000語追加したオックスフォード5000はCEFR B2-C1レベルとされています。

結果ですが、この動画の中で使われている単語はオックスフォード3000の3,000語で95%の語彙が網羅されていました。

具体的にはCEFR A1レベルで91%、 CEFR A2レベルで96% 網羅されています。

YouTubeチャンネルHiHo Kids
タイトルKids Meet a 101 Year Old | Kids Meet | HiHo Kids
URLhttps://www.youtube.com/watch?v=69HgC2KghBc&t=81s
CEFERA2
カバーする単語96%
TOEIC (R&L) の目安225 - 545
使用されている単語数698words
Oxford 5000 の以外の単語
(Unclassified)
15 words
総センテンス数117 センテンス
平均語数(1センテンス当たり)6.1 words
WPM142 WPM
再生時間5分27秒
CEFR levelNumber of words% of total累積%
A1636 単語91%91%
A235 単語5%96%
B111 単語2%98%
B21 単語0%98%
C10 単語0%98%
Unclassified15 単語2%100%
合計698 単語  

以下にオックスフォード5000の分類に従って、動画内で使われている単語を載せておきます。(地名などの固有名詞や数字、%などの記号は除外してあります)

Unclassified

ant
ants
chuckles
decoding
dolls
gasps
lame
lighthearted
lots
mantel
marbles
slacks
stockings
ve
wagons

OPAL written words

can
cause
encoding
especially
exercise
expecting
means
might
most
must
New
originally
other
part
research
Right
right
second
should
working
World

B2 Oxford 5000 excluding Oxford 3000
puzzles
B1 Oxford 3000

blocks
originally
possibly
proud
remind
retired
shoot
shot
though
tiny

A2 Oxford 3000

already
anymore
biology
cause
coast
dead
especially
expecting
fair
forks
Forks
guns
insect
knives
luckier
might
myself
officers
pants
pulled
research
secret
secrets
spider
spoons
tops
trucks
war
War
wars
Wow

A1 Oxford 3000

a
about
afraid
ago
all
Also
am
an
and
And
any
anybody
are
Are
aren't
ask
at
back
Back
banana
be
been
Being
big
books
born
boys
But
but
can
can't
carry
City
coldest
college
Could
couldn't
day
days
Did
did
didn't
die
died
do
doctor
doesn't
doing
don't
dying
east
else
email
enjoy
even
ever
every
Every
everything
exercise
family
favorite
feel
first
for
friends
from
fun
get
getting
girl
Girl
girls
Girls
Good
good
got
grandfather
great
had
happens
happy
hard
hardest
have
Have
healthy
Hello
help
here
Hi
him
horses
how
How
hundred
I
I'm
I've
if
in
is
it
It
it's
It's
job
just
knew
know
life
like
Like
liked
little
live
living
long
look
looks
lot
machines
make
Maybe
means
meet
miss
most
much
music
must
my
My
name
New
Nice
No
nobody
not
now
of
Oh
oh
old
on
one
only
or
other
our
over
part
people
person
picture
play
playing
radio
really
remember
Right
right
said
second
see
shirt
should
six
skirts
sleep
So
some
Some
somebody
sorry
still
sure
talk
taught
teaching
telephones
television
than
Thank
that
That
That's
that's
the
The
them
then
There
They
they
they're
thing
things
think
this
those
thought
three
time
to
told
too
TRUE
try
up
us
very
was
watching
way
we
We
wear
weather
welcome
Well
well
were
What
what
What's
when
Where
with
wonderful
work
worked
working
World
would
write
Yeah
year
years
you
You
you'll
You're
you're
your
yourself

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA